ネットが「全ての始まり」になってきた時代へ

ネットが全ての始まりになってきた時代へ突入しています。
ネットで物を買う時代のは、もはやあたりまえ。
そして、サービスを利用する時代へ。
出会いも同じです。

ひとりとひとりがつながることができるのがネットの良さ。
間に何も入りません。
めんどくさい人々はいません。
自分の意思でアクションを起こそうとするなら、どうでもなるのがネット、そしてスマホ。

出会いに関しては、
結婚前提の、昔のように親戚やそのまた友人のおばさんが新しい出会いをあっせんしてくれた時代も過ぎ、
恋人探しや結婚へのアプローチの婚活も自分自身で行動していかなければいけなくなりました。
強制ではなく、自由意思で。

他方リアルでは、
社会のなかでは、ありとあらゆる業種で組織化しており、出会いそのものが組織内でしかない状態にもなっています。
組織に中でのつきあいがなければ、新しい人との出会いがない、というのもめずらしい状況ではないようですしね。
かといって、ただの偶然のすばらいい出会いなんかない、と理解し始めた最近でしょう。

インターネットがこれだけ普及し、地球の反対側の人ともコミュニケーションを取ろうと思えば取れるいま。
ネットを使って出会いを探す、恋人を探す、婚活する、のもまったく珍しくもなんともなくなってきています。
サイトができて20年以上。
サイトそのものがひとつの出会いなんですよね。

みんなが徐々にだけど、
普通にネットを使って、出会って、付き合って、結婚して、子供産まれて、年齢重ねて、過ごしています。
始まりは、出会い系サイト。

今後もますますネットを使ってコミュニケーションをし、いろんな場所での出会いが盛んになっていくことでしょう。
さあ、優良出会い系サイトで、きっかけ探しませんか。